ヴォクシーと言う車種の歴史と変遷

今では当たり前に乗ってるヴォクシーと言う車種ですが、長年マイナーチェンジやフルモデルチェンジして今も造られてる

ヴォクシーと言う車種の歴史と変遷

ヴォクシーと言う車種の歴史

ヴォクシーと言う車種の歴史と変遷
ヴォクシーと言う車種は初めて登場してきたのが、今から12年前の2001年です。

ヴォクシーより前にあった、ライトエースノアと言う車種の後継車種として発売された車です。

当初は8人乗りのみだったのが、2004年頃に5人乗り仕様も出てきたんです。

なので、現在では、その3人分のスペースが室内の広さやゆったり感になってます。
エンジンは直列4気筒の2Lの排気量です。

2002年に色々な便利機能が付きました。
ワイヤレスドアロックやスライドドアのイージークローザー(ドアが半ドア防止機能)などです。

スピーカーもワゴン車だと4つぐらいなのですが、6つのスピーカーが搭載されました。
足周りも初代に比べると乗り心地や走りやすさを追求しました。
エンジンもエコと燃費を重視して徐々に燃費が伸びて今では、初代よりは倍ぐらい燃費がよくなってます。
室内のエンジン音もうるさくなくて快適に乗れます。
2004年にマイナーチェンジをしてフロントやリアのランプや室内のメーターパネルが運転席前にあったのがセンターに変更されたんです。

排ガスも50%低減になったんです。

今のヴォクシーと言う車種は、2007年から発売されてます。
今はおそらくフルモデルチェンジとなってるのでおそらく、3代目だと思います。
ボディの形状は初代から変わってないですが、フロントとリアはかなり変わってる事が分かります。
好みはあるかと思いますが、排気量も昔と同じく直列4気筒の2Lです。

エンジンは時代を重ねるごとに変わってはいますが、昔と比べて特に変わった事はないんです。

シフトはATしかないですが、2010年にマイナーチェンジをし、4速ATから7速スポーツシーケンシャルが全車装備されたんです。

最近では7速と言うのは珍しい事ではないです。

確かに7速もいるのかと思いますが、4速と7速ではギア比も違うので高速でも回転数が高回転で走ると言う事はないんです。

今では、高速で走ると、ほぼアイドリングと変わらないぐらいの回転数で走れる事です。

それによって、燃費が向上したと思います。

おすすめ情報

Copyright (C)2017ヴォクシーと言う車種の歴史と変遷.All rights reserved.